Fabrication ~vol.8 パートナーのオナニーを見つけてしまったら。

「SAYAさん聞いてください!彼ったら私とセックスしないのに、アダルトビデオを見てオナニーをしていたの見ちゃったんです。絶対許せない!!」SAYAサイトのチャットや掲示板で、こんな書き込みを目にすることが度々ある。SAYAも、旦那さんのオナニー現場に遭遇して、同じように不快に思ったことがあるので、彼女達の気持ちは痛いほどよくわかる。女性はパートナーと定期的にセックスをしていても「私がいるのに、彼は私では満足していないのかしら?..」と、不快に思う人が多い。パートナーとセックスレスの状態なら、なおさら、悲しみや怒りの気持ちを持ち、辛くなるのは当然のことだと思う。しかもオナニーのおかずが自分では無く、現実ではない世界とは言え、自分以外の女性の裸なのだから、【私以外の女性の身体なら欲情するのね・・・】と思ってしまい、複雑で惨めな気持ちになってしまうのだと思う。性欲はあるのに自分とはセックスが出来ないということを知ることで、より傷ついてしまうケースが多いのではないだろうか・・・。

SAYAはサイトを始めてから、色々な男性と話す機会を得て、オナニーとセックスは別物だという話を聞き、そういうものだと思えるようになった。男性に聞いてみると、「セックスとオナニーは別ですね」と口をそろえて言う。ある人は、生活習慣だといい、ある人は、セックスを持続させるためにセックスをする前日は必ずオナニーをするといい、またある人は、セックスよりもオナニーが好きだと言う・・・。(これはちょっと問題があると思うけれど・・・。)オナニーはセックスに比べて好きな時に楽に出来る。仕事などで疲れている時は短時間で、すごくHな気分の時は気の済むまで刺激や妄想を楽しんでから、射精をすることが出来る。セックスだと、相手が居るので、自分本位の行為に徹する事はなかなか出来ない。(中にはそういう人もいるようだけど・・)

もしも配偶者の、オナニーを発見してしまったら、出来れば怒ったりせずに寛容になってあげて欲しい。男性は追い詰められると逆切れし、心の無い言葉を吐かれたりしようもんなら、深く傷ついてしまう可能性もある。自慰行為は相手がいるわけではないので、嫉妬するものではないと思う。ただ男性も、もう少し、オナニーをする時は勘付かれないように気遣ってくれたらいいのに..と思う。わかるようにするのなら、一緒に楽しめる方法を考えてくれればいいのにね。

SAYAも、オナニーをする。オナニーは、小学生の頃からなのでン十年。大きい声では言えないが、SAYAはオナニーが好きだ。(ちょっと恥ずかしい)セックスレスではなくても、たとえセックスで身体が満足していても、きっとやめられないと思う。SAYAの場合、子供の頃から、精神的に不安定になると、オナニーをして不安を解消しようとしていた。今となっては、オナニーは精神安定剤のようなもんだ。SAYAは、オナニーをするのは健康な証拠だと思っている。女性ではしない人もいるけど、した事が無い人は是非、試してみて欲しい。自分の身体を知るきっかけになるし、オナニーをして、感じる場所を自分で知ることで、セックスを楽しめるようになると思う。オナニーが楽しいものだと知ることが出来れば、パートナーのオナニーに怒りを覚えることも無くなるのではないかな?・・。

でも、男性がオナニーの度に、アダルトビデオばかり見ているようなら、「もっと脳だけで刺激的な妄想をするトレーニングをして」と言いたくなってしまう。刺激が簡単に手に入れられるから、セックスレスの人が増えているのでは無いか?と、SAYAは常々思っているから。ちなみに旦那さんの秘密の隠し場所の中には、アダルトDVDが二本隠してある。SAYAは、旦那さんのおかず、こっそり見せてもらう。脳で妄想する訓練はsayaの旦那さんは、苦手なようです。SAYAは妄想するの、大好きなんだけどね。夫婦は似てくるって言うけどsaya達夫婦は全然似ていないみたいです。

ラブリーポップ通販サイト

ローター、バイブ、DVD等、女性向けラブグッズを扱う1999年開店の通販ショップ「ラブリーポップ」。女性スタッフのみで運営。女性が安心して使えるアダルトグッズを厳選し、バレないこだわりの梱包でお届け。郵便局や営業所止めでの配送にも対応。グッズ選びのご相談もお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。