Fabrication ~vol.6 悩みを話し合う応援団みたいな関係

今回は現在進行形なお話なので、正直書きにくいです。実は前回のコラムを読んでの 彼の感想は、”意地悪”と書かれた事にとても不服なようです。ってな事で今回 は、頑張って彼のことを褒め殺します。(殺しちゃダメか。)

彼とは今から半年ほど前にネットで知り合いました。 丁寧な口調で話す人で、不快な気持ちになる事が無く、とても好感がもてる男性でし た。ある事がきっかけで、彼のサイトのチャットに行くことになった時に「すごく気 になる存在だから、逢ってみたい」と彼に言われ、sayaも逢いたかったので、 それから3日後に逢うことになりました。sayaは前にネット恋愛をしていた事があり、 数ヶ月間メッセや、メールでのやり取りだけの付き合いで、相手のイメージを創りあげてしまい、 実際に逢って、失敗したという経験があったので、メールやチャットのやりとりをする前に、 どんな人なのか逢って確認をしたいという気持ちがありました。 30分では何も出来ないだろう..と、かなり軽い気持ちで出かけ、 カーナビの指示に従い彼の指定した待ち合わせ場所に到着。 そこは工場や倉庫が立ち並ぶ怪しげな場所。彼の顔写真も見ずに 逢う事にしたので、変な人が来たらどうしようと急に不安になり、すぐに逃 げれるように車の中で待つ事にしました。待ち合わせ時間を少し過ぎた頃、 手を上げて近づいて来た男性を見て、「このまま帰らなきゃ..」と思いました。

彼は予想していたよりも、すごくかっこいい人だったのです。(笑)車を降りてその場で ペットボトルのお茶を飲みながらの立ち話。正直、緊張していたので、あの時何を話 したのか全く覚えていません。今まで付き合った歴代の彼氏の中で、一 番素敵な男性でした。彼と逢った後、「あ~きっと、今日で連絡が途絶えちゃうだ ろうな..」と落ち込みながら帰宅しましたが、今でも交際は続いています。ちなみに 怪しげな待ち合わせ場所は、彼の馴染みの場所というわけではなく、地図を見ただけ で決めた為、現地に着いたとき「何だ、この場所は?!」と思ったそうです。

彼との付き合いは、ほんの数回逢って、ほとんどネット恋愛みたいな感じ。彼もsayaも、 癒し合える関係を望んでいると思う。いつもはチャッ トでの会話だけで、特にHな会話をするわけでもなく、愛を囁きあうわけでもな い。お互いに人に言えないことや、悩みを話し合う応援団みたいな関係。事情が あって今は逢えない状態で、このまま逢えないまま、どちらかの心変わりで終わっ てしまう可能性だってあるかもしれない..と少し覚悟しています。不倫という関係ではなく、 異性の友人という関係でも良いのかもしれない、もしかしたら、 お互いにとって特別な人でいたい、 いて欲しいと言う独占欲で、「付き合っている」と言いたいだけなのかもしれない。

ちなみに、お互い家族が一番大切という気持ちでいるので、配偶者と同じ土俵で戦っ て嫉妬したりする事はありません。お互いの家族の話も良く話します。それでも彼の家族以外の 女性が相手だと嫉妬してしまいます。やはり彼が好きなので。

「saya達の付き合いは不倫と言えるの?」と聞かれることもあります。sayaは、配偶者以外の人と付き合っているので、不倫だと思っています。このままずっと 付き合い続けられるわけは無いかもしれないけど、お互いに同じものを求めているうちは、 続けていきたい思っています。

今回のコラム、個人的なつまらないお惚気話だけで終わってしまいゴメンなさい。現 在進行形のお話なので、最悪の場合、更新時には状況が変わってしまっている可能性 もありますが、ご了承くださいね。

ラブリーポップ通販サイト

ローター、バイブ、DVD等、女性向けラブグッズを扱う1999年開店の通販ショップ「ラブリーポップ」。女性スタッフのみで運営。女性が安心して使えるアダルトグッズを厳選し、バレないこだわりの梱包でお届け。郵便局や営業所止めでの配送にも対応。グッズ選びのご相談もお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。