Renai Coach ~ vol.07 傷つけたくないからとか言われセックスレス

相談者:cmiさん

初めての人といくつか経験があった後、彼のような親友同士の感じでかれこれ4年 過ごしてきました。
彼は2年前に「傷つけたくないから」とか言われ、それ以来、セックスの話には触れずに、セックスレスでただ毎日を楽しく過ごしてきました。

状況が代わり、 結婚の話が出たとたん、彼に「すごく好きだけど、家族のような存在で、女として見れない」と言われました。これはセックスが原因なのでしょうか?私はかなりセックスには無知で、ノウハウを知りません。彼をそそることを、今までするべきだったのでしょうか?失敗を繰り返さないように色んなテクニックを、勉強すべきでしょうか?

 

 

工藤忍のお答え

「傷つけたくないから」と言う言葉には、何かバックストーリーがありそうです。
彼がこのセリフを言うためには、いろんな理由が考えられますが、ここには触れられてません。「女として見れてない」と言う言葉に
繋がることであれば、cmiさんがどうであるかどうか以前に、彼自身の問題で完結することかも知れません。
代表的な例としては、彼が「隠れゲイ」だったらと考えると辻褄が合うと思います。

以上のような個別的なケースも考えられますが、ここは一般的なケースとして回答してみましょう。

まず、最初に述べておかなくてはならないのは、「結婚において、セックスの相性は重要な決定要因ではあるが、絶対条件ではない」と言うことです。セックスの相性が悪くても、好きで好きで仕方がない場合やその他の理由で結婚するケースは少なくありません。

もちろん、セックスの相性がいいことに越したことはありません。
ですが、現実の結婚の条件は、 セックスの相性より他の相性-経済力や健康状態、社会的地位、性格の相性、知的相性、家柄など-を念頭にする場合が多いです。

つまり、結婚の話しになって、なんとなく彼が逃げたのは、必ずしもセックスが理由ではないと言うことです。むしろ、その可能性は少ないです。セックスが理由に違いない、と考える方が問題を絞り込むことができて、その方がcmiさんにとって「わかりやすい問題」であるので、そう考えがちになりますが、、、。

「傷つけたくないから」の理由が書かれていないことなどを考えると、彼は、そしてcmiさんも、互いに傷つけたくない一心で、ホンネをぶつけることを避けてきたのではないでしょうか。好きな人や大事な人であるからこそホンネが言えない、と言うのは理解できますが、
どこかで「ホンネも言い合えるんだ」と言うバックボーンを持っていないと関係は希薄なままで、結婚しても互いを見失ってしまう可能性が高いです。

さて、仮に全ては相談に書かれている通りで、セックスが原因だったとしましょう。

親しい相手には発情しない傾向があります。近親相姦を避けるプログラムが人にはインプットされてからです。(中にはそれに抵抗する人もいますが、その問題は別の機会に) それは、交配によって種の改良を試みるためです。人の発情の仕組みはとても複雑です。フェロモンに支配されてるなら簡単なのですが、人はフェロモンによる発情を捨てる選択をし進化してきました。情報による発情を選択したのです。

「親しくなって、意識するようになって、恋が芽生える」と言う公式も成立しますが、実際には、親しくなっていろいろ知って好きになるのではなく、意識するようになって、知らないことが多くなって関心が強烈に引かれ、恋に落ちる、と言った方が正しいです。つまり「知らない人と恋に落ちる」わけです。(だから、旅先の恋は激しいわけですね)

相手の発情を維持することは至難の業で、どれが正解かはありませんが、セックスのテクニックが筆頭ではないと思います。相手の知らない自分を育てていくことが効果が高いと思います。そういう意味でのセックスのテクニックの洗練はいいと思います。

何か特別な、でも些細なアイデアや技術をセックスに生かしたとき、男性は「そう言うことができるんだ」と感心し、同時に、いろんな想像を巡らしてみたりします。どうしてそんなことができるんだろうって言う疑問から、他に何ができるんだろうかってことまで、いろいろです。

実はそこからが問題で、「すっごいね、それ」って言われた後に、「アナタのためにお勉強したの」って言うのは禁句です。「気持ちいいでしょ?」って軽く受け流す方がいいです。しつこく彼から聞かれても、彼のためにお勉強したことは内緒にしておきます。で、また次にセックスするときに、またほんの少し変わったことをしてみます。

これは、人間にしかない本能「エロチズム」(隠されたモノをみたいと言う欲求)を活用した手法です。(世間で言う「エロ=スケベ」と言うのは原義から言うと間違いです)

つまり、セクシーで魅力的な自分でいるためには、自分の楽しみでありながら、相手が興味をそそるような「未知の部分」を広げておくことです。それは、セックスのテクニックだけに限りません。cmiさんの趣味や仕事に関することなども含みます。
本を読んだり、いい映画も観たり、ってことも重要です。

つまり自分を成長させていくことが最も正統な「相手を発情させる方法」だと私は思っています。

 

 

 

ラブリーポップ通販サイト

ローター、バイブ、DVD等、女性向けラブグッズを扱う1999年開店の通販ショップ「ラブリーポップ」。女性スタッフのみで運営。女性が安心して使えるアダルトグッズを厳選し、バレないこだわりの梱包でお届け。郵便局や営業所止めでの配送にも対応。グッズ選びのご相談もお気軽に!