WOMAN’S POWER~言えない自分を責めていませんか?~

妊娠する不安を抱えながら“避妊を他人まかせ”に してしまう自分を責めていませんか? コンドームをつけずにセックスする“彼”が悪いのでは無く、 根拠の無い理由で“自分が悪いんだから”と自分を責めていませんか?

このページでは、「避妊や出産の決定権は自分にあるんだ」と 思うことができる“パワー”を持つ為には どうすればいいかを考えてみたいと思います。


妊娠への不安を抱えながら 避妊について考える事から逃げていたりしませんか? 「こんな小さな一言が言えない」自分を否定したりしていませんか? 「コンドームをつけて欲しい」という一言は、小さな事のように見えて 実はとても難しい行為だったりするのです。 女性が大きな声で性にまつわる話をしようもんなら 『淫乱』などと簡単に言われてしまう今の社会では、

女性が『性』をコントロールするのは、たった一人のパワーでは 大変難しいことです。

だから「コンドームをつけて欲しい」と言えない事は あなた一人だけの責任ではありません。 根拠の無い女性像を創りあげている社会の責任でもあるのです。 避妊の事やセックスの事を話せないのは 自分だけの責任ではない事をまず認めてあげてください。 そうです。 「コンドームをつけて欲しい」と言えないあなたを肯定する事から 新しいパワーが生まれます。


◎言えないあなたを否定しない友人や仲間を見つけよう

コンドームをつけてくれない彼の事や 「コンドームをつけて」と言えない自分の事を、 誰かに相談した事がありますか? 「そんな彼なら別れた方がいい」 「なんでそんな一言が言えないの」 そんな風に否定されるのが恐くて、一人で不安を抱えていませんか? もしかしたらあなたの友人も同じ悩みを抱えているかもしれません。 一人で抱え込むより同じ悩みを共有する事でパワーを持てるかもしれません。

もし勇気をだして周りに相談して否定されてしまったらその人には相談するのをやめましょう。

否定される事からは何もパワーは生まれないからです。 「コンドームをつけて」と言えないあなたを肯定する仲間を あきらめずに探しましょう。 仲間とわかちあう事で第2の新しいパワーがあなたの中から生まれます


◎セックスの事、避妊の事、話せる友人を見つけよう  

セックスの事、避妊の事が話せる友達ができたら 今まで自分が考えてもみなかった答えがでてくるはずです。

時間をかけてゆっくりと、今まで考えたくなかったことも 仲間や友人とわかちあって話してみて下さい。

同じような悩みを持つ人は近所に住んでいないかもしれません。 でもインターネットやサポートグループなどでも友人や仲間は探せるはずです。 彼以外の人とセックスの事、避妊の事を話すことで 彼と話す前のトレーニングもできます。 友人や仲間と素敵なセクシャルファンタジーを話す事で素敵なセックスができるパワーがでてきます。


◎「女だから色々な事が不可能だ」と思うのはやめよう

自分で『性』をコントロールできるパワーが 少しずつ自分の内側からでてきたら、今一度考えてみてください。

「女だから」とあきらめている事はありませんか? 「女だから」仕事で一生食っていくのは難しいとか、 「女だから」自分の意見をはっきりとみんなの前で堂々と言うのはやめた方がいいと思った事はありませんか?

あなた自身の心が自由であれば、「女だから」とあきらめなければならないような、 不可能な事はひとつもありません。 あきらめない事が大切です。だってLOVELYPOPが存在するのは 社会が少しずつ女を自由にしてきた証拠です。

今まで本当はやりたかったのにあきらめてしまっていた事を思い出し、 親や先輩や彼氏から押し付けられた「女だから不可能だ」という考えを捨て、生きたいように自由に生きようと思った瞬間からさらにパワーが生まれます。

 

 

ラブリーポップ通販サイト

ローター、バイブ、DVD等、女性向けラブグッズを扱う1999年開店の通販ショップ「ラブリーポップ」。女性スタッフのみで運営。女性が安心して使えるアダルトグッズを厳選し、バレないこだわりの梱包でお届け。郵便局や営業所止めでの配送にも対応。グッズ選びのご相談もお気軽に!