【メルマガバックナンバーより】年齢に応じて感度も変化?30代半ばから膣が感じるように!?

こんにちは。ラブリーポップスタッフのおーちゃんです。
先日、飲み会後のマックでプチ女子会をしていたところ、37歳バツイチの友人が、

「三十路も半ばを過ぎるくらいから膣が異常に気持ちよくなってきたんだよ~~!!」

と力説しだしたのです(笑)いくら深夜とはいえ、ダイレクトに隠語を連発する話題でしたので、少々声のトーンを意識しながら、女4人真剣に語り合っておりました(笑)

発言主の彼女は20歳くらいに結婚したが、旦那の浮気で離婚。それから約10年ほど独身生活を楽しんでおり、現在は年下の彼氏と付き合っています。わたし以上にとても性欲と好奇心の強い女性で、全ては聞いておりませんが、おそらくありとあらゆることをやってきたと思われます(笑)以前にも下ネタで盛り上がったときに「何でも気持ちいい!」と豪語していました。

女子会参加者はわたくしの他に22歳と23歳の若手女子とその37歳ベテラン女子という、とっても幅広い年齢層…。軽い恋愛トークから始まり、徐々に話題はメイクラブへ移行。若手たちが彼氏とのセックスの愚痴を言い出し、一人が「何となく膣が痛い」という話をし出したのがその発言のきっかけでした。

濡れてはいるのに、摩擦によって途中から痛くなってしまうらしいんですね。
いわゆる性交痛です。原因としては、まだ濡れが足りないか、膣が挿入に対してまだあまり慣れてないか、お相手のサイズが大きいか。

十分に濡れていると思っていても、コンドームをつけた状態のペニスが出たり入ったりを繰り返しているうちにその強い摩擦力が愛液の量を上回ってしまい、痛いと感じてしまうことも。わたくしもそんな経験がございます。

摩擦に負けないくらい次から次へと愛液が溢れてくれば良いのですが、体調や精神的なものに凄く影響を受けるんですよね、濡れ具合って。ちょっとでも「あ、痛い、かも…」と思ってしまうと無意識に痛みに集中してしまい、結局追加の愛液が分泌されなくなっちゃうんですよね~。男性はおかましにピストン運動を続けるからどんどん痛くなっちゃうっていう悪循環…。

そうしたことが20歳そこそこのセックスにはよくありました。
まだ膣がそこまでこなれていないと言うか…気持ちいいことには違いないのですが、膣内よりはクリトリスに快感が集中していたように思います。

ですが、年々膣内の快感度が変わってきたのですよ!
今の方がはるか~~~に気持ち良いんですよね!!

クリトリスの感度は昔と比べてさほど変わらない気がするのですが、何といっても挿入時の膣の感度は若い頃よりも断然良くなっております。前戯でそこまでほぐされないまま挿入されても、痛くならずにどんどん濡れてくるのです!
「とりあえず挿れれば気持ちいい状態」!?

若い頃にはこんなに膣がやわやわとほぐれていく感覚はありませんでした。
経験も大事なのでしょうが、やはり年齢に応じて身体が変化してきたのかもしれません。

わたくしの年齢の段階でそうなのですから、三十路も半ばを過ぎる頃には……

友人も「気持ち良過ぎる!」と言っておりましたし、今後のセックスが楽しみになってまいりました(笑)しかし、徐々にピークに上り詰めていく女性のわたくしに対して確実に下降線をたどっていく男性、つまり旦那がちゃんと性欲を保ってくれるように日々努力はしないといけないですね。

特に最近体重が増加の一途をたどっているのでそこからまず取り組んでいかねばっ!!

今現在、「セックスってそこまで気持ちよくないな」と感じている貴女も、経験と年齢を重ねるうちに
身体が変化してきて、気持ちよくなってくるのではないでしょうか。
長い目で見て、今後のセックスに期待です♪

※メールマガジン「2012/04/13」発行分より転載

エクスティック プレミアムⅣ(フォー)

短すぎず、長すぎず、太めで丁度いい硬さの「愛されペニス」形状のバイブです。ふっくらと膨らんだカリ首と肉厚ボディが、本物のような生々しい挿入感を叶えます。