More Onanism!

More Onanism! ~vol.07 子供の自慰行為に悩むお母さんたち

 

Yahoo!知恵袋で「自慰」というキーワードを検索すると、子どもの自慰行為に戸惑う親御さんのお悩みがた~っくさん出てくる。なかには「1歳の赤ちゃんの自慰行為(?)に悩むお母さん」までいるから、ちょっと驚きだ。

小さい子(3歳~4歳くらい)がうつ伏せオナニーや角オナニーをするのって本当に珍しくもな~んともないことだったんだね! もはや私のなかでうつ伏せオナニーはマイナーなではなくメジャー化している。そもそも、Yahoo!知恵袋で質問をしているお母さんたちはうつオナ・角オナ・擦りつけオナニーの存在をまったく知らないようだ。そのようなオナニーをしたことがないんだろうなぁ。その点、私は子どもが自慰行為をしていても戸惑うことなく、たじろぐこともなく「嗚呼、このときが来ちゃったのね」くらいに思うのだろう。でも、ネットのなかにヘルプを求めるお母さんたちは本当に困った様子なのだ。

今ならインターネットで情報を得ることができるから、子どもの自慰は別に変わったことでもないし、普通のことだと思えるけれど、昔は悩んだままのお母さんも多かったに違いない。性教育のなかで「自慰」のことなんて、詳しく教えてくれないしね~。男の子の「射精」や「夢精」についてはちょっと触れることもあるけれど、女の子の自慰や子どもの自慰についてはまるでスルー。あんまりオナニーをしないお母さんたちが困るのも仕方がない。

最近では育児サイトでも「子どもの自慰」に悩むお母さんの記事を取り上げている。小児科の先生がそれに答えているのだが、子どもの頃の自慰スタイルから自慰のきっかけなどなど詳しく説明してあって、タメになる。

思春期の自慰などについても産婦人科の先生が回答しているのをよく見かけるが「自慰は悪いことです! 子どもがしてるのをみつけたらすぐに止めさせましょう!」な~んて言う人はいない。一昔前、「オナニーばっかしてると頭が悪くなる」みたいに言われた俗説……、アレは一体何だったのだろう。

 

 

女性におすすめのショップ

ミライカラーズは SVAKOM サティスファイヤー など、おしゃれで高品質なラブグッズの輸入総代理店です🌈 2007年創業。洗練された意匠を纏う高品質な製品だけをお届けいたします。
不透明な紺色のギフトバッグ入りで届くので、実家暮らしでも安心して注文できます。