More Onanism!

More Onanism! ~vol.05 大人のオモチャへの憧れ

 

「女性のためのSEXレポート」(オークラ出版)によれば、約7割の女性がオナニー経験あるらしい。

この結果を見て私はちょっと安心した。みんな、口にはしないけれど「実はオナニーしてるんだ~!」と。どんなに親しくっても女同士で「オナニーどうしてる?」なんて話題はできないから「みんな、どうしてるんだろうな~」と興味があったのだ。

さらには、もうひとつ興味深いアンケート結果が……。器具(ローター・バイブ等)を使ってオナニーしたことがありますかという問いには25%が「ある」・72%が「ない」と答えている。私も日常的なオナニーはうつオナが多いんで「器具使わない派」に入るのだろうけれど、大人のオモチャを使ってオナニーする人って意外に少ないんだね……。みんな、うつオナや指をつかってするのだろうか(その辺ももっとリアルに知りたいのだが欲張りすぎか)。

器具を使ってオナニーする女性の回答を見ると、「あの動きは指ではできません」「好きなだけイクことができる。はっきり言って男いらず!」などと回答していて、快感の極みを知り尽くした様子。一方、使わない派の女性は「恥ずかしいから買えないけど、一度くらいは器具を使ってしてみたい」「道具まで使ってするのは、罪悪感があるというか、後ろめたい気がして」などなど、女の快感は知っているものの、どこか「後ろめたい」気持ちがあるようだ。使う派・使わない派の回答を比べると、使う派=積極的・使わない派=消極的なのがわかる。どうせ、自分が気持ちよくなるためにするのだから、積極的に「自分の快感」を求めたいものだ。いろいろ工夫しながら自分を癒してあげられる女性ってカッコイイと思う。

私も高校生の頃はマイ・バイブが欲しくって欲しくって仕方がなかったけれど、家族にバレたら怖いので買えなかった。いつも、女性誌のなかにあるちょっと怪しげな「大人のオモチャ」通販ページを眺めるだけ、というホロ苦い青春の記憶が……。

当時はネットもなかったので「大人のオモチャ」って、とっても遠い存在だった。しかも、広告がなんとも暗~い怪しげな雰囲気を醸し出していたので、ますます手を出しにくかったのだ(なんというか、ジメジメした感じ)。そう考えると今って、とってもイイ時代になった。ラブリーポップさんをはじめ、女性も買いやすいアダルトグッズショップが増えたものね! おまけにデザインやカラーなんかも女性のことを考慮したつくりになってるし、梱包なんかも気を遣ってくれるし。昔は「大人のオモチャ」というと、なんか暗いイメージしかなかったのだが(私は)、どんどん明るいものに、女性も普通にオナニーできる環境になっていると思う。

 

 

 

女性におすすめのショップ

ミライカラーズは SVAKOM サティスファイヤー など、おしゃれで高品質なラブグッズの輸入総代理店です🌈 2007年創業。洗練された意匠を纏う高品質な製品だけをお届けいたします。
不透明な紺色のギフトバッグ入りで届くので、実家暮らしでも安心して注文できます。